JR北海道函館本線昆布駅訪問の紹介です。



IMG_2110
  昆布駅の駅名標
  駅番号はS26
  左隣りのニセコ駅が新しいのはなんで?
  昆布駅ーニセコ駅間に駅ははないし、廃止になった駅もないはず。
  以前は駅があったのかな?



IMG_2120
  サッポロビールの駅名標


IMG_2114
  昆布駅のホーム
  単式1面1線ホームの棒線駅



IMG_2113
  ホームの外側にホームらしき跡があります。
  以前はここにホームがあったのか?
  ホームっていうよりは、線路跡に見える。
  島式ホームだったのかな?



IMG_2117
  ここに掛かる跨線橋は、駅のものではなく、駅裏にある温泉施設
幽泉閣への連絡橋。
  この写真を見る限り、線路の外側が広い。
  こっちに側線があった可能性がある。
  ホームもあったかもね。



IMG_2118
  ホームから見た駅舎



IMG_2121
  駅舎のホーム側に駅便(駅の便所)があります。(右の扉)



IMG_2122
  駅舎内
  扉はホームへの扉
  待合所のベンチがあります。



IMG_2123
  駅舎内
  ここには板ベンチがあります。



IMG_2125
  駅舎内
  扉は駅外への扉



IMG_2127
  駅舎内
  扉は旧駅事務所の扉
  旧事務所は閉鎖されてます。



IMG_2126
  昆布駅の運賃表と時刻表



IMG_2128
  昆布駅には駅ノートがあります。
  しかも、北海道日本ハムファイターズのノートでした。



IMG_2130
  昆布駅の駅舎



IMG_2129
  駅舎横にある跨線橋とレトロな街灯
  
幽泉閣への連絡橋



昆布駅の歴史


明治37年10月15日   北海道鉄道
歌棄駅(現・熱郛駅)ー小沢駅間延伸開業により開業。
明治40年7月1日    北海道鉄道国有化に伴い、国有鉄道に移管。
明治42年10月12日   国有鉄道路線名称制定に伴い、函館本線の駅となる。
昭和24年6月1日    日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道の駅となる。
昭和49年9月5日    貨物取り扱い廃止。
昭和57年3月1日    荷物取り扱い廃止。簡易委託駅となり、無人化。
昭和61年11月1日     
交換設備撤去。運転要員引き上げ。
昭和62年4月1日    国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。
平成4年4月1日      
簡易委託廃止、完全無人化。
平成19年10月1日     駅ナンバリング実施。


快速ニセコライナー(下り)停車駅




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。