JR北海道函館本線然別駅訪問Part3の紹介です。


前記事のあらすじ
然別駅の側線・貨物ホーム跡・転轍機・ホームから見た駅舎を紹介した。


IMG_2226
然別駅の駅舎内
両脇にベンチあり
奥の扉が駅外



IMG_2227
駅舎入口から奥の扉がホーム側



IMG_2228
然別駅の時刻表と運賃表



IMG_2229
なにか入ってる。



IMG_2230
駅ノートでした。
ちゃんと完備されている。



IMG_2233
駅便(駅の便所)がある。
ホーム側の駅舎右側
ぼっとんで、手洗い場がないので、使えない。
手洗えんのはイヤすぎる。



IMG_2231
然別駅の駅舎



IMG_2232
駅舎にかかる駅名標



IMG_2221
倶知安方面の線路



IMG_2207
小樽方面の線路


然別駅の歴史
明治35年12月10日   北海道鉄道然別駅ー蘭島駅開通に伴い、駅として開業。
明治36年6月28日     北海道鉄道山道駅ー然別駅間が開通。
明治37年7月18日     北海道鉄道小沢駅ー山道駅間が開通。山道駅廃止
明治40年7月1日       北海道鉄道の国有化に伴い、国有鉄道に移管。
明治42年10月12日    国有鉄道線路名称制定に伴い、函館本線の駅となる。
昭和24年6月1日        日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道に改称される。
昭和47年3月15日    貨物扱い廃止。
昭和57年3月1日      荷物扱い廃止。無人化される。
平成19年10月1日    駅ナンバリング実施。S20になる。
余市駅管理の無人駅である。




ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して頂けると励みになります。


鉄道ランキング



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バス・路線バスの旅へ
にほんブログ村