JR北海道室蘭本線・千歳線沼ノ端駅訪問Part2の紹介です。



IMG_1330
  3番線の改札出口
  Kitaca専用改札機
  降りるとき



IMG_1321
  3番線の改札
  Kitaka専用改札機乗るとき・自動券売機・待合所ベンチ



IMG_1322
  3番線の運賃表




IMG_1349
  1・2番線ホームから見た旧駅舎



IMG_1334
  北口の改札への階段



IMG_1335
  北口のエレベーター



IMG_1336
  北口にはジュースの自販機がある。



IMG_1331
  北口駅舎



IMG_1333
  北口駅舎に付いてる、自由通路・特急停車記念のプレート。



IMG_1332
  北口前には駅便(駅の便所)があります。
  この日は、強風吹き荒れる日でした。
  自転車が風で倒れてます。

  自由通路をわたって、南口に行きます。



IMG_1345
  南口の改札への階段



IMG_1346
  南口は、階段横に駅便(駅の便所)があります。



IMG_1347
  南口のエレベーター



IMG_1337
  南口の駅舎



IMG_1338
  南口駅舎にはモニュメント等があります。



IMG_1340
  北口にもあった、自由通路・特急停車記念のプレートがあります。



IMG_1339
  沼ノ端開基120年記念のプレート


  
IMG_1343
  ミロクの像
  なんの像かは不明
  ちょっとスケベエな像



IMG_1344
  安全の鐘 
  鉄道百年記念



IMG_1341
  旧駅舎



IMG_1342
  旧駅舎に付いてる、
  北海道命名150年 
  沼ノ端駅  開設120周年
  沼ノ端   開基120周年
  沼ノ端神社 建立120周年
  の看板



沼ノ端駅の歴史


明治31年2月1日   北海道炭礦鉄道
の駅として開業。
明治39年10月1日   北海道炭礦鉄道の鉄道路線国有化により、官設鉄道に移管。
大正5年5月      沼ノ端駅ー植苗地域間に馬車軌道敷設。主に植苗からの木材、木炭の運搬に使用
大正11年7月24日   北海道鉱業鉄道(後の北海道鉄道(2代))金山線(後の富内線)開業
大正15年8月21日     
北海道鉄道札幌線(後の千歳線)開業。
昭和18年8月1日   戦時買収により北海道鉄道(2代)が国有化。千歳線、富内線となる。当駅構内の増改築が行われる。
昭和18年11月1日     富内線沼ノ端駅 - 豊城駅間休止(実質的に廃止)。
昭和39年8月5日   
広島燃料興業の専用線敷設。
昭和44年9月25日   千歳線複線化供用開始
昭和44年12月    駅舎改築。
昭和53年6月21日   当駅構内にて室蘭本線・千歳線の電化工事起工式。
昭和55年5月15日   貨物取扱い廃止。
昭和55年10月1日   電化開業
昭和59年2月1日     荷物取り扱い廃止。
昭和59年4月1日   簡易委託化。
昭和62年4月1日   国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。
平成12年       
簡易委託廃止、無人化。自動券売機設置。
平成17年11月15日   
沼ノ端駅北交通広場オープン。
平成19年10月1日   ダイヤ改正、L特急すずらん停車
平成19年12月18日  自由通路完成。旧駅舎・北側通路・旧乗換跨線橋を廃止
平成20年10月25日  ICカードKitaca使用開始


室蘭本線所属駅で、千歳線が乗り入れている。
千歳線の起点駅であるが、0㎞ポストは、旧苗穂駅跡にある。

特急すずらん停車駅

嘗ては、富内線の起点駅でもあったが、昭和18年11月1日に路線が廃止されている。

Kitaca利用可能駅であるが、Kitacaの販売はされていない。(自動券売機でも買えない)




 

人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、上のリンクバナーをポチっと押していただければ嬉しいです。