レッドボーイのたびてつブログ

鉄道メインのたびてつブログです。 基本、鉄道ひとり旅です。

Yahoo!ブログからFC2ブログを経由して、ライブドアブログに来ました。
鉄道をメインにしたたびてつブログです。

一日一件の記事を更新するのを目標にしてます。
旅に出てる時は、スマホでの投稿となります。


Yahoo!ブログ

鉄ヲタだってええじゃないか!レッドボーイブログ
https://redboy1969.blog.fc2.com/



鉄ヲタだってええじゃないか!レッドボーイブログ 2代目
https://redboy19691024.blog.fc2.com/


ライブドアブログでは、鉄ヲタだってええじゃないか!レッドボーイブログ 2代目からの続きから更新していきます。

Instagram
https://www.instagram.com/redboydragon1969/

JR北海道室蘭本線栗山駅訪問Part2/平成31年4月28日訪問

JR北海道室蘭本線栗山駅訪問Part2の紹介です。



IMG_2010
  栗山駅2番線の駅名標



IMG_2013
  栗山駅の2番線ホーム
  相対式2面2線ホーム



IMG_2011
  ホーム上に、
  ご注意
  線路の横断は
  大変危険です
  の看板があります。



IMG_2012
  2番線ホームあるこれは、積雪を示すヤツだろうか?



IMG_2014
  栗山駅に、レトロな電燈がある。
  


IMG_2017
  2番線ホームにあるベンチがあります。



IMG_2018
  2番線ホームの出口



IMG_2015
  元々は島式ホームで、3番線ホームだった。



IMG_2029
  2番線ホーム入り口から見ると、左が2番線ホームで、右が夕張鉄道4・5番線ホーム跡
  現在は、
日本高圧コンクリート工場の資材置き場となっている。



IMG_1999
  
町の交流施設くりやまカルチャープラザEki内に、レールが展示されている。



IMG_2000
  そのレールの説毎板



IMG_2001
  昔の栗山駅の写真



IMG_2028
  マミーズショップという飲食店がある。



IMG_2026
  北海道日本ハムファイターズの栗山監督の張りぼてがある。
  栗山駅と栗山監督を掛けてるのか?



IMG_2027
  くりどんの顔出しパネルがあります。
  栗山のゆるキャラ?



IMG_1991
  栗山駅の駅舎全景



IMG_1992
  栗山駅 
  13:24撮影
  郵便ポストがインパクトを放ってる。



IMG_1993
  これが、
町の交流施設くりやまカルチャープラザEki



IMG_1996
  町の交流施設くりやまカルチャープラザEkiの入り口



IMG_1997
  天皇皇后両陛下行幸啓
  御昼食会場
  のパネル



IMG_1995
  駅前にはこんなモニュメントがありました。



栗山駅の歴史


明治26年7月1日    北海道炭礦鉄道の駅として開業。
明治34年1月12日    駅舎焼失。
明治39年10月1日    北海道炭礦鉄道の鉄道路線国有化により、官設鉄道に移管。
大正15年10月14日    夕張鉄道が栗山駅から夕張駅を開業し接続駅となる。
昭和5年11月3日     夕張鉄道が野幌駅から栗山駅を開業し、夕張鉄道線と室蘭本線と交叉点となる。
昭和43年10月1日   新栗山トンネル完成し、新線切り替え。由仁駅ー栗山駅間複線電化。
昭和44年7月15日   コンテナ基地設置。
昭和44年10月1日   栗山駅ー栗丘駅間複線化。
昭和48年9月23日   駅裏連絡の弧線人道橋設置。
昭和49年4月1日    夕張鉄道が野幌駅ー栗山駅間で旅客営業を休止する。
また同日に同線が北海道炭礦汽船に譲渡される。
昭和50年4月1日    夕張鉄道線野幌駅ー鹿ノ谷駅間が正式に廃止。接続駅としての役割を終える。
昭和57年11月15日  コンテナ取り扱い廃止。
昭和59年2月1日   貨物・荷物取り扱い廃止。
昭和59年4月1日   簡易委託駅となる。
昭和62年4月1日   国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。

JR北海道室蘭本線栗山駅訪問Part1/平成31年4月28日訪問

JR北海道室蘭本線栗山駅訪問Part1の紹介です。



IMG_1973
  栗山駅1番線の駅名標



IMG_1980
  サッポロビールの駅名標



IMG_1974
  黒山駅の1番線ホーム



IMG_1975
  栗山駅の跨線橋
  ホーム間を連絡してるのではなく、駅舎から2番線への渡橋。



IMG_1978
  1番線ホームの上家



IMG_1979
  ご注意
  線路の横断は
  大変危険です
   
横断しないで下さい
  って書かれてます。
  構内踏切やないので、普通渡らんやろ。



IMG_1981
  1番線ホームから駅舎に入ります。



IMG_1982
  駅舎内
  奥の扉は、1番線ホームへの扉。



IMG_1983
  栗山駅のきっぷうりば
  栗山観光協会が受託する簡易委託駅で、バスのきっぷうりばも兼ねてます。



IMG_1985
  栗山駅の運賃表



IMG_1984
  栗山駅の時刻表



IMG_1986
  左が待合所
  右が駅舎内の通路



IMG_2021
  待合所にコインロッカーがあります。
  しかもタダですよ。
  鍵付いてないけど、きっぷうりばに言えば鍵もらえます。



IMG_1987
  きっぷうりば横から真っすぐ行くと、外に出れます。
  左の扉からも出れます。



IMG_1988
  駅舎内の通路を行くと、2番線ホームに繋がる跨線橋に行ける。



IMG_1989
  ここに駅便(駅の便所)があります。



IMG_1990
  通路は円形になってます。
  真っすぐ行き切ると、



IMG_2020
  ここに出ます。
  今来た通路。



IMG_2004
  2番線ホームへの通路



IMG_2005
  エレベーターか右の階段を降りると、2番線ホーム行ける。



IMG_2007
  扉を出ると、2番線ホームです。



IMG_2008
  2番線ホームに繋がる上家



IMG_2009
  真っすぐ行くと2番線ホームです。



JR北海道室蘭本線栗山駅訪問Part2につづく・・・




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。



JR北海道根室本線落合駅訪問/平成31年4月28日訪問

JR北海道根室本線落合駅訪問の紹介です。



IMG_1910
  落合駅1番線(と思う)の駅名標
  ホーム番線の表記がない。
  (と思う)と表記させて頂きます。
  駅番号はT37



IMG_1911
  サッポロビールの駅名標



IMG_1912
  落合駅の1番線(と思う)ホーム
  単式1面1線ホーム



IMG_1913
  1番線(と思う)ホームが長い。
  この先にも続く。



IMG_1914
  1番線(と思う)に何やら建物がある。



IMG_1915
  詰所4号の表記
  何の詰め所かわからない。



IMG_1917
  落合駅の跨線橋
  跨線橋には板張りがされていて、中には入れないようになっている。
  ホーム間は跨線橋で連絡している。



IMG_1919
  落合駅2番線(と思う)の駅名標



IMG_1923
  落合駅3番線(と思う)の駅名標



IMG_1920
  落合駅の2・3番線(と思う)ホーム
  跨線橋渡れないから、1番線(と思う)ホームから撮影



IMG_1925
  落合駅の2・3番線(と思う)ホーム
  跨線橋渡れないから、線路降りてホームに行っちゃいました。
  島式1面2線ホーム
  



IMG_1924
  2・3番線(と思う)ホームから見た駅舎



IMG_1927
  1番線(と思う)ホームに、貨物のコンテナがあります。



IMG_1928
  コンテナの車番は、020-2520かな?



IMG_1929
  駅舎内
  奥の扉はホームへの扉。



IMG_1930
  駅舎内 
  奥の扉は駅舎外の扉。



IMG_1932
  駅舎内待合所
  ベンチあり



IMG_1933
  有人駅時代の窓口は板で塞がれています。
  チッキ台があるのがいいね~



IMG_1934
  こっちは、ホーム側だけど、窓はなにかな・・・



IMG_1935

  待合所入り口



IMG_1931
  落合駅の運賃表と時刻表



IMG_1908
  落合駅の駅舎



IMG_1909
  駅舎に掛かる駅名



IMG_1936
  駅舎の横に駅便(駅の便所)があります。
  しかも5角形ですよ。



落合駅の歴史


明治34年9月3日   北海道官設鉄道十勝線旭川駅ー落合駅間開通に伴い開業。落合機関庫設置。
明治38年4月1日   官設鉄道に移管。
明治40年9月8日      落合駅
ー帯広駅間開通により、旭川駅ー釧路駅間全通。
大正2年11月10日    滝川駅-富良野駅間開通に伴い路線組み換え。釧路本線の駅となる。
大正10年8月5日   釧路駅ー根室駅間全通に伴う路線名称変更により、根室本線の駅となる。
昭和21年3月31日   跨線橋を復元。
昭和41年9月30日   新狩勝信号場経由の新線開業。
昭和41年10月1日   新内駅経由の旧線廃止。
昭和42年3月20日   構内に跨線人道橋設置。
昭和57年11月15日  貨物・荷物取り扱い廃止。
昭和61年4月1日   無人化。
昭和62年4月1日   国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。
平成28年8月31日    台風10号の大雨の影響により、最大で落合駅を含む根室本線の富良野駅ー音別駅間が不通となる。
平成28年10月17日  東鹿越駅ー落合駅間で列車代行バスの運行が開始される。狩勝峠を越えた新得駅方面へに代行バスは設定されなかった。
平成29年3月28日    前年の台風の影響による列車代行バスの運行形態を変更。東鹿越駅ー新得駅間の運行が基本とされ、十勝方面への往来が可能になる。


東鹿越駅ー新得駅間不通  代行バス輸送
列車は来ない。




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。


JR北海道根室本線東鹿越駅訪問/平成31年4月28日訪問

JR北海道根室本線東鹿越駅訪問の紹介です。



IMG_1891
  東鹿越駅の駅名標
  駅名標がちょっと傾いてます。
  駅番号はT35



IMG_1894
  サッポロビールの駅名標



IMG_1893
  名所案内板



IMG_1892
  東鹿越駅のホーム
  島式1面2線ホーム


 
IMG_1895
  構内踏切
  ホームから駅舎間は、跨線橋じゃなく、構内踏切で連絡している。



IMG_1896
  ホーム上に、石灰石と書かれた岩がある。



IMG_1897
  ホームから見た駅舎



IMG_1898
  ホーム側の駅舎の駅名標
  平仮名で書かれている。



IMG_1899
  駅舎内
  奥の扉は、ホームへの扉。



IMG_1900
  奥に、有人駅時代の窓口は板で塞がれている。
  右の扉はホームへの扉



IMG_1902
  窓口跡の後ろは、待合所でベンチがあります。



IMG_1942
  奥の扉は駅外への扉。



IMG_1901
  東鹿越駅の運賃表と時刻表



IMG_1904
  駅ノートが設置されてます。



IMG_1905
  東鹿越駅の駅舎
  逆行だったので、かなり補正掛けた。
  なんとか暗くならずに済んだ。



IMG_1941
  駅舎右横に駅便(駅の便所)があります。



IMG_1944
  駅舎横には何かの小屋がある。



東鹿越駅の歴史


昭和16年12月29日   国有鉄道東鹿越信号として開設。専用線発着貨物の取り扱いを開始。
昭和21年3月1日    一般駅の昇格し、東鹿越駅となる。
昭和24年6月1日    公共企業体日本国有鉄道に移管。
昭和57年11月15日   荷物、専用線発着を除く車扱い貨物の取り扱いを終了。
昭和62年4月1日    国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。
平成6年4月1日      釧路支社管轄から本社鉄道事業本部直轄に変更。
平成9年3月22日    東鹿越駅に停車する貨物列車が運行終了。無人化。
平成28年6月       JR北海道が東鹿越駅と島ノ下駅を平成29年3月のダイヤ改正に合わせて廃止する意向を地元に伝える。
平成28年8月31日    台風10号による降雨災害の影響で、東鹿越駅を含む根室本線の富良野駅ー音別駅間が不通となる。
平成28年10月17日   富良野駅ー東鹿越駅が復旧。同時に、東鹿越駅ー落合駅間で代行バスの運行を開始。
平成29年3月28日     東鹿越駅ー落合駅間の代行バスの運行形態を変更。東鹿越駅ー落合駅・新得駅の運行とし、ダイヤ改正。


根室本線滝川駅ー東鹿越駅間の終着駅




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。



JR北海道富良野線中富良野駅訪問/平成31年4月27日訪問

JR北海道富良野線中富良野駅訪問の紹介です。



IMG_1799
  中富良野駅1番線の駅名標
  駅番号はF42



IMG_1804
  サッポロビールの駅名標



IMG_1801
  中富良野駅の1番線ホーム



IMG_1803
  1番線ホームの中ほどにある小屋。



IMG_1805
  小屋の中は、雪かき道具とカー・キャッチャー



IMG_1806
  中富良野駅の構内踏切



IMG_1807
  2番線ホームへはスロープになってます。



IMG_1808
  中富良野駅2番線の駅名標



IMG_1809
  中富良野駅の2番線ホーム



IMG_1810
  2番線ホームから見た駅舎
  相対式2面2線ホーム



IMG_1812
  駅舎内
  奥の扉はホームへの扉。



IMG_1814
  駅舎内
  待合所
  奥の右側は、窓口跡です。



IMG_1825
  窓口跡はシャッターが閉まってます。
  有人駅時代は賑わっていたんでしょうね。



IMG_1813
  駅舎内
  反対側にはコインロッカーがあります。
  無人駅にコインロッカーって珍しいな。



IMG_1815
  駅舎内に案内所があります。
  が、訪問した日は誰も居ませんでした。



IMG_1816
  中富良野駅の運賃表



IMG_1817
  中富良野駅の時刻表



IMG_1824
  駅舎の入り口は二重構造になってます。
  ここにベンチがふたつ。



IMG_1823
  中富良野駅の駅舎



IMG_1820
  駅舎の外の右側に駅便(駅の便所)があります。



IMG_1821
  駅前に自転車置き場があります。
  結構な数の自転車が止められてます。



中富良野駅の歴史


明治33年8月1日   北海道官設鉄道十勝線上富良野駅ー下富良野駅(現・富良野駅)間開業に伴い開業。
明治38年4月1日   鉄道作業局に移管。
明治42年10月12日  所属路線が釧路線に改称。
大正2年11月10日    所属路線が富良野線に改称。
昭和24年6月1日   公共企業体である日本国有鉄道に移管。
昭和57年11月15日  貨物の取り扱い廃止。
昭和59年2月1日   荷物委の取り扱い廃止。
昭和61年11月    駅舎改築。
昭和62年4月1日   国鉄分割民営化に伴い、JR北海道の駅となる。
平成19年4月1日   無人化。


自動券売機の設置はない。
無人駅。




鉄道ランキング


人気ブログランキングに参加しています。ブログが気に入って頂けましたら、画像をポチっと押していただければ嬉しいです。


ギャラリー
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
  • ANAきた北海道フリーパスの旅~宗谷本線の旅~Part2/令和2年5月2日
「モブログ」は提供を終了しました。
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグ絞り込み検索
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード